ミサイル飛び交う?キナ臭い?韓国釜山に行ってきました!

| EDIT

トラワヨ プサンハンへ~♪ 釜山から見た日本の地盤沈下

”釜山港へ帰れ”の歌が流行ったのは70年代、80年代で渥美二郎以外にも多くの歌手がカバーしていた。当時、世界の港湾取扱いを見ると、神戸が香港に続き4位。堂々たるアジアのハブ港であった。ちなみに釜山は7位で、神戸の半分弱の取扱い量であった。


【1980年】

1位 ニューヨーク、ニュージャージー  195万TEU※
2位 ロッテルダム           190万TEU
3位 香港               147万TEU
4位 神戸               146万TEU
5位 高雄               98万TEU
6位 シンガポール           92万TEU
12位 横浜               72万TEU
16位 釜山               63万TEU
18位 東京               63万TEU

 ※ TEU = 20フィートコンテナー換算


それが、2005年になると

【2005年】
1位 シンガポール          2,319万TEU
2位 香港              2,243万TEU
3位 上海              1,808万TEU
4位 シンセン            1,620万TEU
5位 釜山              1,184万TEU
6位 高雄               947万TEU
7位 ロッテルダム           930万TEU

あれ? 神戸は?横浜は? 東京は?と思うと、遥か下にあった!

22位 東京               359万TEU
27位 横浜               287万TEU

神戸はランク外!



IMG20130411.jpg

スポンサーサイト

ペチェルスカ=ラブラ、キエフの教会、最後の晩餐 食べきれない

| EDIT

ペチェルスカ=ラブラ ~最後の晩餐~


先週のキエフ滞在時の写真です。ようやく訪れた春の風景パート2!

IMG_4073.jpg
キエフでも一ニを争う有名寺院ペチェルスカ=ラブラ

IMG_4072.jpg
の裏門?

IMG_4071.jpg
ワンコもこの通り、気持ちよさそうに寝ている^^


IMG_4075.jpg
教会の門の左側。よくわからないけど、天使のモザイク。


IMG_4074.jpg
同じく右側。


その日の夕食。最後の夜だったので、少し豪勢に^^
IMG_4077.jpg
ウクライナというか、ロシアも含め典型的なつまみ”ニシンの酢漬け”!

IMG_4080.jpg
この黒パンの塊の中にあるのは・・・

IMG_4081.jpg
キノコのクリームスープでした!


IMG_4082.jpg
メインでたのんだ豚肉のステーキは特大サイズ! 食べきれません><


IMG_4085.jpg
で、翌日はキエフを発って、


IMG_4086.jpg
成田への10数時間の旅。珍しくオーストリア航空にて!(オイオイ、アエロフロートちゃうんかい!?)


春到来、キエフの新緑!、ウクライナ、毛虫の大群?、寄生樹?

| EDIT

春到来、キエフの新緑!毛虫に寄生樹!


あの寒かったキエフにもようやく春が来た。まだ朝晩は冷えるが、今日街の電光掲示板見てみると+15度!2月初旬の一番寒かった時期は-25度ぐらいだったので、40度も暖かくなった^^

まだ、安心はできないが、昨年後半からかかっりぱなしとなっている案件も一つ山場を越えそうで少し余裕も出てきたのか? 訪問先工場からの帰り道に新緑(まだ緑じゃないな!)の写真を撮ってみた。


IMG_4066.jpg
新芽もちゃんと出てきてます^^


IMG_4059.jpg
この木の種がすごい!


IMG_4061.jpg
こう見ると、私の苦手な毛虫の大群のようで、一瞬ドキッとする!

IMG_4060.jpg
UPで見るとこの通り。ふさふさ^^


IMG_4063.jpg
でも、やっぱり毛虫にしか見えない。ひゃ~~怖い><

IMG_4068.jpg
キエフに限らず、シベリアに行ってもよく見かけます。ずっと鳥の巣?とか思っていましたが、別の植物が寄生したものみたいです。ロシアに来るようになって20年経ちますが、今回初めて知りました!でも何だか”寄生”と聞くと怖いですね・・・ うっかり人の頭とかに生えてきたりしないんだろうか!?

もうしばらくキエフに来ることはないのかな!?と感傷にひたりつつも、結構すぐ来たりすることが多いが、今回はいかに^^;


ロシア養神館合気道連盟セミナー、モスクワ、龍、浦安、AIKIDO

| EDIT

モスクワでふれる合気道の精神

実は1年半程前から浦安の家の近くの合気道教室(養神館 合気道 龍)に通っている。日曜の朝からファミリー合気道教室というのがあり、その名の通り、家族で参加させてもらっている。出張で土日がつぶれることが多いが、数少ない家族まとまってのことなので、出来る限り参加するように頑張っている^^


娘は順調に級が上がっているが、一行に上達しない私だが、結構楽しませてもらっている。去年4月の安藤師範がいらしたロシア養神館合気道連盟の国際セミナーにもたまたま参加させて頂く機会があったり、今回モスクワ滞在中にいつもファミリークラスでお世話になっている三橋先生がセミナーをされるということで、覗かして頂いた^^


IMG_3704.jpg

IMG_3639.jpg
前回に続き、会場はこのUFOのようなスタジアムの中。場所はモスクワ大学に近い地下鉄のヴォロビョーヴイ・ゴールィ(雀が丘)駅から歩いて、5分ほど。面談が長引き、その後のレポート作成などで着いたのは19時回っていた><

IMG_3642.jpg
向かうはサムライクラブという合気道道場。

IMG_3644.jpg
夜のクラスであったが、皆さん一生懸命。少し馴染みのある基本動作っぽいことをやってるところ。

IMG_3645.jpg
三橋先生がエイヤー!と投げる。この辺になるともうよくわからない^^;

IMG_3650.jpg
最後に質問コーナー。皆、真剣。


前回もそうだったが、年に数回しかないこのセミナーを楽しみにしているロシアの方々を見て、日本でしかも母国語である日本語で教えてもらえるのは何と有難いことなんだ!としみじみと感じた。ちなみにロシアでも掛け声や技の名前は日本語。”カタテモチ シホウナゲ”とかきっと言い難いよね^^;

心を入れ替え、これからもっと精進しよう!と心に誓った今回であったが、この燃える決意がモスクワの大雪で消えないことを祈っている^^;




安心と信頼のアエロフロートの空の旅!ロシア、モスクワ、デルタ

| EDIT

安心と信頼のアエロフロートの空の旅!


よく人に「えっ、アエロフロートで行ってるの!?」とか言われる。結構な割合で、エアロフロートという人もいる。でも、私が出張で使う航空会社の中ではアエロフロートは最も安心で信頼できる会社の一つだ。

今のロシアの航空会社は雨後の竹の子のような状態だ。モスクワの北にあるシェレメチボ空港をベースにしているのが最王手のアエロフロートで、南のドモジェドモをベースにするトランスアエロ、また地方都市毎にそれぞれの航空会社が乱立している。合わせると数十社あるんじゃないかな?そう思うと何かあった時の補償などもまだアエロフロートが一番ましだろうと信じている。

マイレージも使えるようになってきた。アエロフロートは何年か前からスカイチームに加入しているので、私もアエロフロートのマイルを同じスカイチームのデルタに移管して貯めている。おかげで去年からデルタのエリートプラスのカードをもらえるようになったので、エコノミーでもラウンジが使える!


IMG_3632.jpg
お粥にネギとザーサイみたいなのを入れたもの。結構いける! ビールはドライとサッポロ黒ラベルを選べれる^^


IMG_3633.jpg
食事もこの通り。悪くない。ただ、これは成田⇒モスクワ時の食事だが、帰り便のモスクワ⇒成田では確かに少し味が落ちる・・・でも、もうすぐ日本なんで我慢はできる。


IMG_3637.jpg
だいぶモスクワも暖かくなってきたが、まだ氷点下を少し下回る。下降中のシェレメチボ空港周辺もまだこの通り雪に覆われている。一見JALの翼のようだが、アエロフロートです^^;


最初に書いたように「えっ、アエロフロート使ってるの!?」と言われてると、決まって「JALのモスクワ便に比べても全然快適よ!」と答えているが、正直JALに乗ってモスクワに来たのはもうかなり前の話だ。アエロフロートは毎日運航しているが、JALは週に2便とかなのでスケジュールが立て難い。値段もやっぱりアエロフロートよりは高いのかな? ただ、アエロフロートはこの時期、欧州方面に行く学生の卒業旅行などで満席に近く、10時間の旅は結構キツイ! うちの会社は基本エコノミー使用で、ビジネス乗る金があれば、その金で2~3回出張に行ってこい!というスタンスだ^^;


  • »
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。