みんなの党衆議院千葉県第1区支部解散のご報告

| EDIT

千葉1区、ありがとうございました!

昨日3月29日(金)付けにて、みんなの党千葉県第1区支部を解散することになりましたことご報告させていただきます。昨年5月28日に千葉県庁にて支部長就任記者会見を行った後、12月16日の衆議院選挙を目指しての活動を約半年間続けてまいりましたが、残念ながら力及ばず、落選となってしまいました。

レアメタル商社マンとしてロシア・中国相手に資源確保の世界に身を置いていた私が、政治の世界に入ろうと思った切っ掛けは、2010年9月の尖閣沖での中国漁船衝突事件後の中国政府による対日レアメタル輸出禁止でした。中国の傲慢な政策以上に、石油ショック後、数十年に渡り、資源問題を放置してきた自民党・民主党の既存政党による”先送りの政治”で、果たしてこれからの日本は大丈夫か!?いったい、どのような日本を子供たちに残すことになるのか!? その思いから、ただちにみんなの党の次期衆院選立候補者公募に応募し、今回の出馬となりました。

結果はこの通り、ご支援・ご声援を頂いた千葉1区を始めとする多くの方々のご期待に沿えず、誠に申し訳ない思いでいっぱいですが、政治の世界からは程遠い、一レアメタル商社マンとしてゼロからの挑戦で、27,089票もの投票を頂けたことには満足しております。

IMG_4748 A

選挙後、今後の身の振り方につき、考えて参りましたが、選挙活動を通じ訴えてまいりました経済の復活については、安部政権がインフレターゲット設定などによる円安、株高などみんなの党の政策をほぼ実行していることで一定の筋道がつきつつあること(まだまだこれからですが!)など考え、私の原点でもありますレアメタル商社マンとして、もう一度、日本の産業に必要な資源確保の世界に身を投じることにいたしました。

4月1日から、古巣のアドバンストマテリアルジャパン㈱がシンガポールに設立した現地法人アドバンストマテリアルトレーディングの社員として、シンガポールを起点にロシア・中国そして日本を行き来することになります。2年前、私が政治の世界を志した切っ掛けである日本の資源確保への思いは全く変わっておりません。いずれ再発するであろう尖閣問題によるレアメタル供給問題を回避する手段として、シンガポール法人を有効活用していく考えです。

シンガポールは千葉県とほぼ同じ経済規模でありながら、世界経済フォーラムなどでの国際競争力世界第2位にランキングされています。人口600万人足らずの資源もない小国ですが、生き残りをかけ多くの政策を実行しています。法人税を下げ(日本の40%に対し、シンガポールは17%)、更に多くの企業を誘致するため、様々な優遇措置を持ち、金融含め多くの規制緩和を実現させています。これから少子高齢化を迎え、何もしなければ国力が落ちていくことがわかっている中、いっこうに規制緩和、多くの改革を行うことができない日本とは対照的です。そのような生き残りをかけた改革を行い発展しているシンガポールから、日本を見ていき、今後について考えていきたいと思います。

多くの皆様に支えられ、これまでやって参りました。これからもそれを忘れず、一レアメタル商社マンに戻りますが、日本の国益のため、資源確保の世界で頑張って参ります。これからもご声援の程よろしくお願いいたします。


2013年3月30日
西野 元樹

スポンサーサイト

日本の業界団体・労働組合もNRAと同じ穴の貉!

| EDIT

全米ライフル協会、学校に武装警官配備を訴え!

12月14日にアメリカのコネティカット州の小学校で起きた乱射事件(児童20人含む26人が犠牲)を受け、アメリカ最大のロビー団体(日本でいう”利権団体”)、全米ライフル協会(NRA)のラピエール副会長が21日に会見。ラピエール氏は「銃を持った悪人を止められるのは、銃を持った善人だけだ」とし、銃乱射事件から子供たちを守るため、全ての学校に武装した警官を配置するよう訴えた。

ラピエール氏の主張の是非や武器を所持して携帯する権利を認めるべきか!?どうかはアメリカの問題なので置いておき、いつまで経っても銃乱射事件が終わらないのは、全米ライフル協会のロビー活動の賜物でしょう。

日本の感覚では有り得ない話ですが、これはアメリカの話で、日本とは関係ないとも言えません!

第46回衆議院選挙が終了しました!

| EDIT

P1020430.jpg

千葉1区の多くの方々からのご声援、多くのボランティアの方々、渡辺代表、江田幹事長、水野幹事長代理含め、多くのみんなの党関係者からのご支援に関わらず、結果は、残念ながら議席確保には程遠いものでした。

全て、私の実力不足によるものです。

もっと効率よく出来たんじゃないか? あの時にああしておけば良かった!という思いもありますが、27,089人もの”西野もとき”と書いて頂いた方々に感謝しております。みんなの党への、また西野もときへの期待に沿えなかったこと誠に申し訳ございませんが、これからも自己研鑚を続けて、いつの日か、ご期待に沿えるよう頑張ってまいります!

さよなら、ひとり総合商社?、次は千葉1区にて!?

| EDIT

さよなら、ひとり総合商社!?次は国政?


5月はとある事情で、本来時間はたっぷりあったはずなのですが、ブログを始めた一昨年10月からで最も投稿数が少ない、この記事入れて月3件になってしまいました><

なぜ、時間があったかと言いますと、実は一身上の都合にて、長らく15年間(前身の蝶理㈱マテリアル部時代含め)勤めてきましたアドバンストマテリアルジャパンを4月末で退社することになりました。

税金だからコスト度外視!? 海外視察、豪遊の旅?

| EDIT

コスト度外視? 議員先生の海外視察!


2,000,000,000 ÷ 480 = 4,166,666

何の数字だろう? 単位をつけていうと、20億円割る480人イコール一人当たり417万円。衆議院が来年度の議員の旅費として要求する予定額だ。

私が昨年使った出張旅費もこのくらいあるんじゃないかな? ただし、昨年の私の海外出張は14回、計107日であるが、仮に年間417万円使ったとすると一日当たり4万円弱だ。(もうちょっと使ってるかな?)航空券代も含めてなので、かなり抑えた額だと思う。当然、使うのは10時間越える旅でもエコノミーだ。

では、国会議員の先生が何日海外出張、視察?に行くか?というと平均したら10日も行ってないんじゃないかな?そうすると、一日当たり42万円! そりゃあ、飛行機は最低ビジネス、ちょっと偉くなるとファースト、泊まるホテルも5つ星以上。想像だけど、こんな感じだろう。出張報告なんて書かなくて良いんじゃない?

  • »
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。