凍ったビールに羊のシャシリク、そしてレアメタル

| EDIT

凍ったビールに羊のシャシリク、
レアメタルを求めての旅 ~番外編~


急遽、予定を変更してモスクワに来ることになった。
取引をしているあるレアメタル鉱山の経営陣に変更があり、これまでの融資云々の扱いが怪しくなってきたからだ。こういうのはロシアとの取引ではよくある。急に先方の都合で状況が一転するのである。我々からすると完全にロシア側の一方的な問題であるが、彼らからすると自分達にもどうすることもできない、降って湧いたような話で、それを我々にも同じく振ってくるのである。難しいのだが、これを完全にNo!として関係を終わらせるか?ある程度柔軟に対応するのか?この辺りがロシアとの取引で成功できるか!?の辛抱のしどころだ。この問題が解決できないようでは、北方領土問題も解決しないと意気込んではいるが、どちらを選んでも、頭と胃が痛くなることは間違いない。

ということで、急遽モスクワに来たが、この後またシベリア奥地の鉱山まで行くのだが、珍しく土日をモスクワで過ごせることになった。留学時代の95年に約1年間モスクワに住んでいたため、だいたいモスクワでの時間のつぶし方はわかる。昔から好きなのがイズマイロフスキー公園にある外国人向けの大規模なバザールだ。マトリョーシュカから、古いコインや共産党時代の様々なグッズ、空軍のパイロットマスクやガスマスク、軍服、民族衣装と兎に角変わったものがたくさん売っている。留学時代はよく土日まるまる、このバザールで時間をつぶしていたので、今回久々に行ってみた。この15年間の間にバザールのテリトリーは拡大し、いつの間にやら露店の装飾も良い感じに変わっていた。

IMG_0940_convert_20110227153826.jpg

ひたすら歩き回り、いろいろ買い込んだ。気温は-15度とかなり寒く、値引き交渉などしながらも体の震えが止まらない。ようやく交渉を終えた後、中央アジアやコーカサスから来た人達がやっているシャシリク(焼き鳥みたいに串でやいた料理)の店で一服した。羊、牛、豚、サーモンなど寒さにかかわらず、いろいろ焼いている!

IMG_0938_convert_20110227153640.jpg

いろいろ迷ったが、結局、羊のシャシリクと中央アジアのパンを頼んだが、-15度でも喉が渇いていたのでビールも頼んだ。冷蔵庫の中にあったものではなく、外に置いているの出されたが、よく考えると冷蔵庫より外の方が気温低く、注いでみると何とビールが凍っていた!

IMG_0936_convert_20110227161601.jpg

IMG_0937_convert_20110227153510.jpg

明日から行く鉱山は更に寒いところだ。何が待っているか!?楽しみだ。

スポンサーサイト
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。