千葉県議会選挙浦安市選挙区、現職2名の勝利、低過ぎる投票率

| EDIT

浦安は将来、カルト集団の街になる!?


昨日、千葉県議会選挙浦安選挙区での投票が行われ、当日開票にて自民党の内田 悦嗣さん(46歳)、民主党の矢崎 堅太郎さん(43歳)の現職のお二人が当選を果たした。まずはおめでとうございます。そして、5月12日の公開討論会(前半/後半)で話したことを忘れないようお願いします。特に内田さんは千葉県企業庁の700億円の埋蔵金、矢崎さんは無駄がある事業、外郭団体の見直しなどについて触れていたので、是非次回選挙までにこれらの点について責任ある対応を取ること期待しています。

結果としては、

有権者数 : 123,446名
投票者数 :  38,038名
投 票 率 :   31.27%(低い!)

(当)内田 悦 嗣(自民): 16,078票(対有権者数13.0%)
(当)矢崎 堅太郎(民主): 11,739票(対有権者数 9.5%)
(落)三原 利治(みんな): 10,221票(対有権者数 8.3%)

自民・民主の現職二人にみんなの党の新人が挑むという国政の代理戦争のようになり、みんなの党の渡辺 喜美代表、、民主党の岡田幹事長、自民党からは麻生 太郎前首相が浦安入りするなど各党ともかなりの気合いの入れようであった。で、どうだろう?結果は。自民・民主の現職に告示直前で準備不足気味であった新人が挑んだにしても、かなり肉薄した結果であり、投票率低いなりにも浮動票は結構みんなの党に流れたんじゃないかな? 投票率があと数ポイント高ければ!と言う結果ではなかろうか?


いずれにしても、当選したお二人を足しても全有権者数の22.5%ってのも低過ぎる!と言わざるをえない。将来、どこかのカルト集団が1万人ちょい浦安に移住してくれば(全員有権者として)、選挙があればすぐに県議会に一人送れるし、先日の市議会選挙なら、7~8人当選させれて21人の定員の3割以上を押さえることが出来る計算だ。

ちなみに07年の前回、03年の前々回を調べてみたが、07年は投票率38.34%で当選者は今回の内田、矢崎のお二人。この二人の投票数が21,591票となり、全有権者の18.2%と今回より更に低い。この時は5名立候補して、落選のお三方の得票数も23,192票にもなる。03年は32.02%と今回とほぼ同じレベル。やはり浦安市民は政治への関心は低いのだろうか!?このままでは、いずれ、浦安はカルト集団に乗っ取られるんじゃないか? ディズニーランド、液状化、そしてカルトの街とならないことを祈っている。


スポンサーサイト
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。