国債引き受け、打ち出の小槌は有り得ない! by 白川日銀総裁

| EDIT

国債引き受け、打ち出の小槌はあり得ない!

Yahooニュースを見ていると、国債引き受け、明確に否定―白川日銀総裁という記事があった。本日の内外情勢調査会で白川日銀総裁が、東日本大震災後の日本経済をテーマに講演し、国債を日銀を直接受けることは、打ち出の小槌のようなものはあり得ない!と明確に否定した。

日本の国債の場合、確か95%ぐらいが日本国民によって買われている。つまり、日本国民が日本政府に金を貸しているのと同じことである。(ギリシャなどはほとんどが外国人が買っているので、何かあったら引き上げられるが、日本の場合はそういうリスクはないので安心だろうと言われている。)そのため、国債を何十兆円か発行すると、市中から何十兆円の資金が汲み上げられるので、トータルでの円の量は増えない。

例えば、日本全体に仮に100兆円あるとして、40兆円国債を発行してもトータルのお金は100兆円のままである。もし、国債を日銀が引き受けすれば、市中の資金には汲み上げられず、新規に日銀が40兆円刷ることになるので、日本の資金量は140兆円となる。

これだけ、地震が起ころうとも金融危機が起ころうとも総理が毎年辞めようとも円高基調が変わらないのは、日本の円の量が相対的に変わらないことが関係しているとの説がある。例えば、日本の100兆円、アメリカに1兆ドルあるとして、アメリカがお金を刷って1.5兆ドルにすれば円の量が同じ100兆円のままなら、円は50%強くなる。更にインフレ気味の米国、デフレ真っただ中の日本では金利差もあり、更に通貨の量に格差が広がるので、いっそのこと円の量を増やすため、国債を日銀が引き受ければ、円高是正にも繋がるだろう。インフレにもなり税収も増える。相対的に国の借金も目減りするといいとこずくめだ。ただし、インフレになれば金利も上がり借金の金利払いも増えたり、一度インフレになれば抑え込むのが大変だ、また国債の価値が下落シテ・・・ギリシャのようになる!との反対意見もある。

ただ、バブル崩壊以降、デフレ是正と言いながら全く効果のある金融政策を取れていない日銀に対しては、こういった180度方向変更となるような思い切った策も取ってもらいたい。ずっと物価が1%ぐらい下がっている日本だが、決して物価が下がり続けることが日本経済、日本国民の暮らしを良くすることには繋がらないだろう!

はぁ、政治家、優秀な官僚の皆さん、何とかして!



スポンサーサイト
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。