モスクワ、ダーチャ、音楽留学生、しかし暑い!が、ビールが旨い!

| EDIT

ふ~、この一杯が堪らない!

IMG_1480.jpg


出張に来て6日目、時差あるところに行ったりきたりだったので、今朝は3時半に起きてホテルで仕事をしつつ、アポイント3件をこなした後、シェレメチボ空港へ向かった。金曜のモスクワの郊外に行く幹線道路はほぼ間違いなく渋滞する。以前ならアポイント入れれなかったが、最近空港に行くアエロエクスプレスなる列車が出来たので、ギリギリまで仕事できた。渋滞尻目に空港まで30分で行くことができ、便利な世になった。イメージ的には日暮里から出るスライライナーってとこか?ちょっと野暮ったいところがよく似ている。

ロシア人の一般的な習慣として、週末はダーチャで過ごす。辞書では別荘と何やら高級な訳がされていることが多いが、高級な別荘的なものからバラック小屋に毛が生えたようなものまで、様々である。昨日会ったロシア人のオジサンも自分で噴水を作ったり、何かを植えたり、鶏が卵産んでどうだとか結構楽しそうな暮らしをしている。多くのロシア人は金曜夜から郊外のダーチャに行き、野良作業をして日曜夜、日本だとサザエさんの時間にはまた渋滞に耐えながら、街に戻るのである。

で、モスクワは暑い!去年の歴史的な暑さ(火事がそこら中で起こって大変であった!)程ではないが、カラっとしているとは言え、直射日光浴びながら市内を歩き回ったり(事務所に車ないので)、地下鉄で汗まみれのロシア人と一緒に移動したりとヘトヘトになりながら、空港に辿りついた。そこで、今回の出張(必ずしも全て成功とは言えないが・・・・)ご苦労様!と自分へのご褒美にビールを一杯!飲ませてもらった。あ~生き返る~~

チェックインの列を待っている時に前にいた日本人のお母さんにいろいろ質問されたが、話を聞くと御嬢さんがモスクワに音楽関連で留学しているらしい。チャイコフスキーコンクールがどうとか、既に御嬢さんは2年もモスクワにいるとか・・・ 私が昔いたのも1年弱だったので、大したものだと感心しながらも、娘に会うため、慣れない海外に来ているようだったので、いろいろとチェックインの仕方などなど説明してあげた。私が留学時代、うちの両親がモスクワに来ることはなかったが、これから将来、両親が海外に行って困っている時にどこかから親切な人が現れていろいろ教えてくれることを祈りながら!

さぁ、帰れる!この瞬間が一番嬉しい^^

スポンサーサイト
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。