レアアース、太平洋の海底、温泉にもある?中国にNo!と言える?

| EDIT

何かと話題に上るレアアース 海底に温泉に

今月に入り、幾つかレアアース関連の面白いニュースが出ている。「中国レアアース輸出規制をWTO提訴検討」は既に紹介したが、同じ7月4日に太平洋レアアース鉱床「これで中国にデカい顔をされずに済むか」、また、今日も「温泉水のレアアース回収に成功 秋田大の研究グループ」などである。

しかし、水深3,500~6,000mの海底に陸上の800倍のレアアースがあると言われても、掘れないだろう!って思うが、おかしなもので、思惑買いで日本海洋採掘㈱などの採掘株?が値上がりしているとか^^ 

少し気になったので、その噂の採掘株の日本海洋採掘㈱のホームページを見てみた。石油・天然ガスの採掘井では地下数千メートルまで採掘しているようだ!大陸棚とか水深は数200m以下ぐらいのそんな深くない海の海底から掘っていくのかな? ただ、今回のレアアースのは海底にあるので、海底から更に採掘する必要はないはずだ。もしかして思ったよりも現実的???? でも、原油や天然ガスなどは地下から吹き上がってくるだろうが、このレアアースが含まれる泥は吸い上げないといけないんで、やっぱり厳しいんじゃないべか? だって3,500~6,000mよ!

地下200~300mで採掘しているタングステンの鉱山でも、ネックは採掘した鉱石を地表に上げる巻き上げ能力なので、海底で3,500~6,000mから引き上げるのって、やっぱ大変だろうね。(期待はするが!)

ちなみにこのニュースは中国でもトップで扱われていた。さすが資源を持つ側の強さをよく知っている中国だけある。

さて、温泉の方だが、「秋田県仙北市の玉川温泉の源泉から湧き出る温泉水に含まれる微量のレアアース(希土類)を500倍に濃縮して固形で回収することに同大の研究グループが成功したと発表した」とある。年間500kgぐらいのレアアースの回収が可能であるとのことだが、日本のレアアースの使用量30,000tからすると、日本中の温泉から回収しないといけなくなり、日本人が温泉に入れなくなるんじゃない???

私は直接はレアアースを担当していないのだが、いつも話題になるレアアースが少し羨ましい・・・ 私が扱っているタングステンもレアアース、アンチモンと並び中国シェアが高いのだが、やはり目立つのはレアアース。中国からの供給が止まって困る業界が多いのがレアアースだ。逆に言うと、中国の狙いはレアアースを使ってハイテク素材・部材を作る日本の製造業の技術なのだ。レアアース供給で脅し、その技術を取ろうとしている。最後の最後まで日本で踏ん張ってきた本当のコアの部分の技術が、今、中国に出ていこうとしている。尖閣の際は踏ん張れたが足元の電力供給不安定の日本の状況にはもう耐えれない!


スポンサーサイト
Category: レアメタル
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。