財務省・日銀べったり、増税派野田新代表、期待を裏切ってくれ!

| EDIT

期待を裏切ってくれ~ 野田新代表!


今日から出張だ。今はトランジットでモスクワに来ている。便利なもので、ここモスクワの空港でも無料でWiFiに接続できる。

さて、何やかんや言いつつ気になる民主党の代表選は・・・・

ありゃ、野田新代表か!?

無難なところに落ち着いたというところだが、政権交代後、財務副大臣、財務大臣と民主党政権の閣僚として財務省、日銀との間で良好な関係を築いてきたとあるが、ようは円高対策、デフレ対策に何の手を打っていない日銀をこの2年間容認してきたということで、円高、デフレについては期待できないだろう・・・

となると経済成長も期待できず、ついでに公務員給与削減や天下り禁止なども進展なく、行きつくところは財務省希望通りの増税しかないんじゃない?今、必要なのは円を刷って、円安→インフレ→経済成長→税収増→財政再建と民主党が政権取る前にさんざんやると言った公務員給与削減や天下り禁止だと思うが。 そもそも公務員労組の支持を受ける民主党には無理な話だったのだろう><


と新しい民主党代表、つまり新たな総理の誕生となるのだろうが、野田新総理には上記のような期待を裏切ってくれることを是非期待したい。


さて、話変わるけど、後出しじゃんけんで”新本命”となったはずの前原さん。外国人献金のせいか?あまり伸びなかったようだけど・・・ その前の”本命”であった野田さんでは勝てないので自分が出る!とまで言ったとか、言ってないとかの話だったが、実際はどうだったんだろう?

前原さんが出なければ、”本命”野田に海江田、鹿野、小沢(鋭)、馬淵の4人が追う形になり、キングメーカーを狙う小沢元代表とそれに寄生する宇宙人鳩山元首相の思惑通りの展開だった。そして、最後の最後に4人の内から小鳩のお二人が最後に推した候補者○○が、”本命”野田に勝つというシナリオだったのが、”新本命”前原さんが一回目で過半数を取るケースも出たため、こりゃいかん!と小鳩の二人も予定よりも早く支持候補を決める必要が出た?

実は、野田=前原の松下村塾コンビの中でそこまでの戦略があったのなら?大したもんだけど、そんなことはないよね?

しかし、小鳩の支援を得て、最後の”新・新本命”となった海江田さん。小鳩の支援を得るため、経産大臣の時にやるべし!と主張していたTPPまで、「よくよく考えると慎重に検討したい」と”実質やらない”と持説を翻したのにこの結果となれば、今回の代表選の敗者は小鳩+海江田のお三方ではなかろうか?無論、小鳩グループの120名?も国民ないがしろで盲目的に政局一本槍の小鳩のお二人についていっているとについて、今後の身の振り方も含め、よくよく考えるべきでだろう。


nodajp1.jpg
勝負を終えた爽やかなお二人とは言えないが・・・^^;
ちと二人、顔近づけ過ぎ!


しつこいけど、是非とも野田さん、期待を裏切ってください!

スポンサーサイト
  • »
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。