『恐るべきTPPの正体』 浜田和幸著、被害妄想、攻めようよ!

| EDIT

TPPについて考えたい④
『恐るべきTPPの正体 アメリカの陰謀を暴く』

参議院議員 浜田和幸著、角川マーケティング発行



TPP参加に対するスタンス ★★★★★

TPP関連本第四弾!今度は現役の参議院議員の浜田和幸氏が書いた『恐るべきTPPの正体 アメリカの陰謀を暴く』だ!

著者紹介によると現在、参議院議員(自由民主党)とある。いや、待てよ。今日読んだ記事で、みんなの党の山内康一議員が、「浜田和幸外務政務官が著書や雑誌でTPPは米国の陰謀だ!と主張しているのは野田内閣としての見解なのか?」という質問主意書を提出したとある。自民党ちゃうの? 調べてみると一本釣りで民主党に鞍替えしていたのか^^; さて、その山内議員の質問書に対する野田内閣の答弁は、『政治家個人としての見解を述べたものであると承知しており、政府としてお答えする立場にない』とのこと。また、適材適所の観点から起用したともある。適材適所!?これほどアメリカのことを悪く言う人を政府に置き、その政府がTPP推進!? 摩訶不思議、民主党、野田内閣>< 自民にも言えるけど、党の中で大反対しているグループと推進の人達両方抱えているが、次の選挙の時にはマニュフェストに「断固反対! でも推進もありかも!?」とでもマニュフェストに書くのだろうか?





第一章 : なぜ今、TPP参加なのか
第二章 : TPPをめぐる各国の動き
第三章 : 一枚岩ではないTPPをめぐるアメリカの状況
第四章 : TPP交渉の裏で暗躍するアグリビジネス
第五章 : 日本はどうなるのか?
      ~TPPという黒船に日本はつぶされる


第一章、第二章、第三章はこれまで読んだ本と基本的には同じような内容で目新しい箇所はなし。

第四章、第五章が、この本の特徴というか?アメリカのアグリビジネスによる陰謀という話になる。昔よく読んだ矢追純一の本を思い出した。目次にあるそれぞれの章の見出しをまとめると、だいたいわかるのだが、食料価格高騰を演出するアメリカ遺伝子組み換え種子を世界に売りまくるモンサント社が、農民の生活を脅かす遺伝子組み換え種子を武器に資金力でブラジルを牛耳るアグリビジネス、そして食料問題はアメリカの戦略的武器になるというのが第四章。

そして、第五章ではアメリカの陰謀により、ズタズタにされる日本の姿が描かれる。

TPPで打撃を受ける国内農業その後に注意しないといけないのが食料の安全保障問題食の安全、そしてアメリカの陰謀は農業だけでなく、医療分野、簡易保険、日本の教育、アメリカの弁護士が日本に乗り入れ、会計はもうアメリカに押さえられ、外資のテレビ局が誕生し、日本の農地や水資源が外国のものになり、日本語が非関税障壁になり政府調達も大変、日本が誇る「ものづくり」も守れなくなり、最後には日本が日本人のものでなくなる日が来るか?で締めくくる。

読みながら思ったのだが、日本の農地が外資に取られるのであれば、日本も海外で農地をとればよいのでは?教育って、コストだけでなくてやっぱ中身で選ぶんじゃない?日本語喋れないアメリカ人の弁護士が来ても? 外資のテレビ局の一つや二つできたとしても逆に多様化で良いんじゃない? 政府が日本に投資を!と外資を呼び込もうとしているのと同時にそれは日本の乗っ取りだと叫ぶ浜田和幸議員のような論理はいかがなものか?あまりに被害妄想というか、ノーガード戦法で全く反撃せずに殴られるままの日本を描写しているが、日本にとってもチャンスなのでは?そちらは一切描かれていない。今、日本に必要なのは、そちらなのに。このままジリ貧で良いのか!?

1953年生まれの浜田議員は、東京外国語大学中国語学科卒、ジョージ・ワシントン大学院で政治学博士号を取得、国際未来科学研究所(って何?)代表を経て、自民党から当選、民主に鞍替えして復興担当の総務大臣政務官となった。そして、今は外務大臣政務官であるが、本当に適材適所なんだろうか?このような立派な経歴の方が、こういう主張をし、かつ現内閣の外務政務次官をしていることに我々の子供の世代の日本はいったいどうなるんだろう!?っと思わされる一冊であった。



Category: 書評
  • «
  • »
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。