京都産業大学、経済人特別講義、レアメタルに生きる人生語る?

| EDIT

京都産業大学で講演させてもらいました!


うちの会社は講演会や国際会議などに参加する際、極力スピーチする文化がある。これまで、5月のアモイでのタングステンの会議や、4月のウクライナ・リボフでのチタンの会議での講演については、紹介させてもらったが、今回、京都産業大学にて講演させてもらった。その名も”レアメタルに生きる人生を語る!”。 37年しか生きていないこと考えるとかなりたいそうなタイトルになってしまった!

経済学部に経済人特別講議という各業界の第一線で活躍されている方々に講演頂くという講座がある。京都が発祥の有名企業や金融関係など大物講演者が多い中、、元々うちの社長がやる予定であったのだが、急遽出張が入ったため、私が代役でやらせてもらうことになった。いきなり軽量級になって申し訳なかったけど、少しは学生目線で話させてもらった(つもり。。。)

経済人特別講義(2011.07.12) 014
何名くらいやろ? 120人ぐらい? もうちょっといた? 学生来なかったら、どうしようと思ったけど、結構集まってもらって一安心^^

経済人特別講義(2011.07.12) 028
真剣に聞いてくれた学生も多く、私の前に座っている青いシャツの彼とはよく目があった。この写真でも矢を射るような視線を投げかけてくれている。

今までは業界関係者への講演だったが、今回は学生が対象ということで、どういう話するべきか?迷ったが、

 1.)レアメタルとは?
 2.)アドバンストマテリアルジャパン㈱
 3.)私とレアメタルの出会い
 4.)レアメタル争奪戦の裏側
 5.)これからの日本が取るべき道

ということで、思いつくまま話をさせてもらった。事務局からは夢をおおいに語ってください!と言われたが、なんだか夢よりも愚痴が多くなって、申し訳ない・・・

気がつけば社会人歴15年目のオジサンのメッセージは学生に伝わったのか!?

スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。