TPP参加表明、大阪ダブル選挙、ソニー音楽出版首位、巨人内紛

| EDIT

大阪冬の陣、夏の陣目前の日本について


いろいろ大変だ。今、また成田に向かうところで、これから1週間海外だ。正直ハードだが、やりがいある面白い仕事なので頑張れている。でも、日本の状況はもっと大変だ。先週の大河ドラマ「江 ~姫たちの戦国~]で、とうとう豊臣家が滅んだ。関西人としては秀吉死後の関ヶ原以降はどのドラマでもいつも見ないのだが、今年は敢えて400年後の日本の状態を考えるため、涙堪えて見てしまった。これからの日本が豊臣家のように滅んでしまうのか?あるいは徳川のように260年の太平の世を築けるのか?の瀬戸際にいるのだと思う。

そんな中で気になるトピックがいくつかある。

① 野田総理、TPP参加表明

TPP交渉参加、自民、民主は賛成?反対?どっちやねん?]でも書いたが、9日にはやはり表明できず、最後は11日に「TPP参加国との協議に入る(だっけ?)]というような言い方で交渉参加を表明した。党内・国内の慎重派・反対派に配慮した二枚舌的言い方だが、今はハワイでは参加表明をしっかりしていることを期待している。しかし、この表明の後、反対派首領の山田元農相は、どたんばで首相はよく踏みとどまってくれた!と喜んでいたが、反対の立場は選挙用のパフォーマンスとしか思いようがない。自民も民主も党内に積極派と慎重派・反対派がいて、次の選挙の時までに立場を明確にできるのだろうか?

② 大阪ダブル選挙

橋下知事への醜聞記事から見る日本の品位]以降、ますますヒートアップする大阪府知事・市長選挙。11月27日まで熱い戦いが続くのだろうが、この結果に注目している。今の日本は、まさに大阪冬の陣・夏の陣の前の豊臣家と同じ状態。恩顧の大名が皆、徳川になびく中、手をうてずに打って出るしかなくなってしまった400年前と同じく、文句言うだけで何も自己変革していかないのか?あるいはここで大改革出来るのか?今回、結局、守旧派が勝ってしまえば、大阪だけでなく、日本の今後も明るくないし、逆に今後の日本の大変革のためには是非、大改革を実現してもらいたい!


③ ソニーが音楽出版事業で世界首位

ソニーがEMIの音楽出版事業を買収するそうだ。買収額は22億ドル!日本円では1,700億円!この間、テレビ事業の赤字などで厳しい決算発表していたが、大したもんだと思うね。この買収が失敗でソニーが(更に?)ダメになるということがなく、これでよくなる!となってもらいたい。言いたいことは、久々の日本企業がなんかの分野で、”世界首位”という表現を聞いたことが久しぶり!ということと円高を利用しての買収はどんどん進めるべきだ!ということかな。


④ 巨人のお家騒動

読売新聞の渡辺会長と巨人軍の清武球団代表との間の騒動の話が降って湧いてでた。まぁ、勝手にしてよ!という話だが、さっきの豊臣家と徳川家の争いではないが、関西人としては巨人の騒動を見ると悪い気はしない! いつもこういうの阪神に多かったのよね・・・・^^; 現場で頑張っている選手のこと考えると早く解決するといいね。

スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。