国家公務員採用56%削減、天下り根絶は? 民主党!?

| EDIT

減らすのは新規採用?それは違うぞ!


ほんとは最近出張先で食べた魚介類について書こうと思いましたが、写真のアップロードが上手くできなかったので、最近のニュースでオイオイ!って思った話について書きます。

さて、政府は3日の閣議で平成25年度の国家公務員の採用を平成21年度比で56%減の3,780人に抑えることを決めた。消費税上げるのに際し、国家公務員給与20%減や天下り根絶、国会議員定数削減などの身を切ることを全くやっていないことに対する言い訳というか?罪滅ぼし?のために、新規採用を減らすとの決定だ。

一方で大卒でも就職先がないなどの問題がある中、更に政府まで新規採用を削る。しかもそんな理由のために。本来、やらないといけないのは56.4万人いる国家公務員数を減らすことではなく、21.6兆円もかかっている人件費を減らすことではなかったっけ???2割削減なら5兆円になる。消費税2%上げるのと同じ効果だ!

年収が400万か500万か知らないけど新卒の採用を減らすより、年収が1,000万円を優に越え、天下りや渡りで何千万もの退職金を何度ももらっている高級官僚を減らすことの方がよっぽど価値があると思う。

どうなの?民主党???


スポンサーサイト

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

- # | 2012.09.26(Wed) 21:05 | | EDIT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。