ミサイル飛び交う?キナ臭い?韓国釜山に行ってきました!

| EDIT

トラワヨ プサンハンへ~♪ 釜山から見た日本の地盤沈下

”釜山港へ帰れ”の歌が流行ったのは70年代、80年代で渥美二郎以外にも多くの歌手がカバーしていた。当時、世界の港湾取扱いを見ると、神戸が香港に続き4位。堂々たるアジアのハブ港であった。ちなみに釜山は7位で、神戸の半分弱の取扱い量であった。


【1980年】

1位 ニューヨーク、ニュージャージー  195万TEU※
2位 ロッテルダム           190万TEU
3位 香港               147万TEU
4位 神戸               146万TEU
5位 高雄               98万TEU
6位 シンガポール           92万TEU
12位 横浜               72万TEU
16位 釜山               63万TEU
18位 東京               63万TEU

 ※ TEU = 20フィートコンテナー換算


それが、2005年になると

【2005年】
1位 シンガポール          2,319万TEU
2位 香港              2,243万TEU
3位 上海              1,808万TEU
4位 シンセン            1,620万TEU
5位 釜山              1,184万TEU
6位 高雄               947万TEU
7位 ロッテルダム           930万TEU

あれ? 神戸は?横浜は? 東京は?と思うと、遥か下にあった!

22位 東京               359万TEU
27位 横浜               287万TEU

神戸はランク外!



IMG20130411.jpg

空港でも同じだ。日本でやれ羽田の国際化だ、じゃあ成田はどうなる!?、関空、伊丹をどうする?と国内の小さな問題に終始している間に世界の空港は大きく変わっている。今や、アジアのハブはインチョンであるにもかかわらず、成田、羽田、関空、伊丹、セントリア・・・といったい日本はどうなるんだ!?

港湾、空港だけでなく、世界の都市間の競争でも東京、日本は出遅れている。もうお家芸と言えるほどだ。シンガポールの法人税は17%。更に条件を満たせば10%、5%と下げていくことも可能だ。2週間程前のテレビで、猪瀬知事がアジアヘッドクォーター特区構想とか言って、法人税を40%から30%に下げて、多くの外国企業のヘッドクォーター(本社機能)を東京に呼ぼう!と言っていたが、やる規模が小さく、既に国際競争で負けている。

もう一度、港湾の話に戻るが、シンガポール、香港、上海、シンセンとアジアの港湾が続くが、釜山も5位と健闘している。日本がちょこっと成長する(=ほぼ停滞!)間に世界は大きく成長し、どんどん日本の地盤沈下が進んでいく。今回も韓国の人に「10年前、SamsungがSONYより、良いものを作るなんて全く信じられなかった!」と言われた。泣けてくる・・・

それを少しでも食い止めるため、再度、レアメタル資源確保の世界に復帰したが、昨日まで二泊三日で行ってきた韓国、釜山港の発展を見て、”トラワヨ~ プサンハンへ~~♪”と歌いながら、またしても日本の地盤沈下の現場を見てしまったが、アベノミクス!円安、株高効果!でデフレを食い止め、規制緩和をどんどん進めて、もう一度、日本の成長を見てみたい。

韓国でもアベノミクスによる円安については大きく関心を持っていた。私がやっているタングステンの製品でも、初めて日本品に価格で負けてしまった!?との声も韓国企業から聞いた。何も日本が特別なことをやり始めた訳ではない、今まで、この20年間、怠ってきた当り前のことをやり始めた!そう思いながら、釜山で食べた海鮮チゲ鍋(辛ラーメン入り)は美味しかった!


スポンサーサイト

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

- # | 2015.05.03(Sun) 15:01 | | EDIT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。