しかし、日本の二大政党制って・・・・?

| EDIT

しかし、日本の二大政党制って・・・?

今日はレアメタルの話はお休みです。

最近、APECを前にしてTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)の話をよく耳にします。民主党では前原外務大臣や玄葉国家戦略相が積極的、例によって農相は反対とお決まりのパターンで、結局、総論賛成各論反対で先送りとなってしまうのか・・・と心配してます。

更にがっかりしたのは、自民党の影の内閣でも同じで、影の経産相の西村さんが推進派、影の農林相の宮腰さんは慎重論(反対派)。 一緒やん・・・ 与党に戻りたいのなら、だらしない与党見て、ウソでもTPP推進(あるいは反対!)の態度を明言するべきじゃない???

結局、二大政党だ!って言ってても、お互い主義主張がバラバラの人が集まったもので、唯一の違いが、誰が嫌い、あれが好きとかだと意味ないですよね。。。自民党が金に汚い!と言って政権を取った民主党が今や金にルーズと言われ、自民党が「クリーンな政治を!」と主張している。しばらくの間、お金にきれいか?汚いか?は目瞑るんで、政策本位での二大政党になってもらいたいですね。セパ交流戦的発想、全然違うか?何か考えてもらいたい。

これを機会にTPP賛成派と反対派とかで、分かれて再編でもしてくれないかな?
最悪なのは、双方が、総論賛成各論反対であれば、結局、何も決めれず、日本は置いてきぼりになってしまいます・・・何もしないというのが、一見リスク取らないようで長い目で見ると、最大のリスクになってるということ気づいて欲しい。

ここでウダウダ言っても、結局は先送りになるのであれば、もう人任せにせず、我々が立たなきゃ駄目なのか!? でも、選挙資金ありませ~~~ん!

スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。