小沢無罪判決、国民不在党内ゴタゴタ、民主党やるべきことは?

| EDIT

小沢無罪判決 ~民主党がやることは?~


26日に小沢一郎民主党元代表に対する無罪判決が言い渡された。早速、民主党内にゴタゴタが起こっている。小沢グループからは、「天下取りが見えてきた!」とか「党員資格停止処分を決めた岡田副総理への責任問題!」など出ているが、どうしても我々国民の視点からは100万マイル(何キロだ?)ほど離れている気がしてならない。

これで野田総理が命をかける消費税増税法案の先行きも更に不透明になったが(この不景気時にやることではないので、それはそれで良いのだが)、間違いなく言えることは、万が一、野田総理が退陣し、いったん消費税増税法案が流れて、小沢総理あるいはその腹心が民主党4代目首相(オイオイ!)になった場合、手のひらを返して、増税に走ることは間違いない。彼らにとっては、「何をやるか?」より「誰がやるか!?」が100倍大事であり、それのためにこの2.5年間の混迷があるのであろう。

話変わって、今日、前原政務会長がロシアに飛び立った。北方領土問題含め、対中国を見据えロシアとの関係強化を模索するのは評価するが、今の民主党なら何かを決めても必ず、誰かが反対するはずであり、あまり何か進展は期待できない。

今、民主党がやるべきなのは、外遊や地元の選挙区回りではなく、全国会議員が一同に集まり、野田総理を支えるのか?あるいは倒そうとするのか?を徹底的に議論し、民主党としてまとまっていくのか?あるいは分党していくのか?を決めることだと思う。そうしないとせっかく我々の税金で高いビジネスクラス(えっ、ファースト?)でいく前原政務会長以下ご同行者(かなり引き連れていくので、1000万単位のお金使うんじゃない!?)のご苦労も無駄になってしまう。

ダメな会社って、役員はやることやらずに海外出張を満喫したりしていたが、残念ながら今の日本ってそんな感じがしてしまう・・・ 会社なら会社更生法、倒産、運が良ければ吸収合併とかあるけど、国の場合はどうなるの!? リストラだけの会社は先細り。リストラしつつ儲かる分野に特化しつつ、浮いた資金と人員を更なる成長分野へ投下。間違っても赤字垂れ流しの事業は継続しない。まさに今の日本と真逆! 民主も自民にも期待できないので、第三極と呼ばれるところに期待したい。


国家公務員採用56%削減、天下り根絶は? 民主党!?

| EDIT

減らすのは新規採用?それは違うぞ!


ほんとは最近出張先で食べた魚介類について書こうと思いましたが、写真のアップロードが上手くできなかったので、最近のニュースでオイオイ!って思った話について書きます。

さて、政府は3日の閣議で平成25年度の国家公務員の採用を平成21年度比で56%減の3,780人に抑えることを決めた。消費税上げるのに際し、国家公務員給与20%減や天下り根絶、国会議員定数削減などの身を切ることを全くやっていないことに対する言い訳というか?罪滅ぼし?のために、新規採用を減らすとの決定だ。

一方で大卒でも就職先がないなどの問題がある中、更に政府まで新規採用を削る。しかもそんな理由のために。本来、やらないといけないのは56.4万人いる国家公務員数を減らすことではなく、21.6兆円もかかっている人件費を減らすことではなかったっけ???2割削減なら5兆円になる。消費税2%上げるのと同じ効果だ!

年収が400万か500万か知らないけど新卒の採用を減らすより、年収が1,000万円を優に越え、天下りや渡りで何千万もの退職金を何度ももらっている高級官僚を減らすことの方がよっぽど価値があると思う。

どうなの?民主党???


いい加減にしろ!民主党! 消費税増税、小沢説得、公務員人件費

| EDIT

党内で弄ばれる「公務員給与2割削減」!


昨日、若林亜紀著による恐るべき公務員給与の実態について紹介したが、久しぶりの日本での週末に係わらずの土曜出勤を終え、21時頃自宅で一人まったりすき焼きを食べながら読んだ読売新聞の記事にさらに驚いた!

「3月攻防」へ駆け引き 消費増税 直接説得へ
 首相  法案提出へ着々
 小沢氏 党内了承反対も


民主党の輿石幹事長らは首相と小沢元代表の妥協点を探っている。
「増税の前にやることがある」と主張する小沢元代表に配慮し、「国家公務員の総人件費2割削減」など改革への決意を盛り込んだ行政構造改革実行法案の検討などを進めているのもそのためだ。


え~~~って感じなのだが、民主党のマニュフェストに「国家公務員人件費2割削減」を明記して(かなり目玉でじゃなかったっけ?)、政権を取っておき、首相が3人も変わるほどの時間をかけながら何もせずに今更、小沢元代表が増税にうんって言わないから、行政構造改革実行法案の検討をしているって!しかも、”「国家公務員の総人件費2割削減」などの改革への決意を盛り込んだ”ってあるけど、決意ってことは中身はないってこと!? 完全にジェスチャーって感じするよね! しっかりしてよ、民主党!

日銀インフレターゲット、日銀法改正、円高阻止へわずかな一歩!

| EDIT

日銀がインフレターゲット設定!


ようやく日銀こと日本銀行も欧米の中央銀行に倣い、インフレターゲットを導入することになった。そういって良いのか?日銀の説明聞くと微妙だが今までのようなあいまいな言い方よりは一歩前進ということだろう。

先進国でインフレターゲットを導入していなかったのは日本とアメリカだけだったが、アメリカのFRBが先日2%のインフレターゲットを導入したことを受けての日銀の”1%”の導入だ。この21世紀の世界で唯一20年もデフレに苦しむ日本だけにアメリカがやったからではなく、率先してやってもらいたいものだが><

さて、このインフレターゲット導入を受け、昨日は日経平均も200円以上の大幅な上昇となった。このインフレターゲットが何が良いかというと、今100万円持っている人・企業があるとして、1%のインフレになれば1年後には物価が1%上がる。今100万で買えるものが来年には101万円になる。じゃあ、今買わないと!という動きになる。企業であれば、じゃあ今のうちに設備投資をしておこうともなり、経済が循環する。

これが1%のデフレであれば、来年には99万円になっているから今買うよりも来年買おうとなり、それが20年続いている。このデフレを止めるのが誰の仕事かというと日銀の仕事なのだが、今までは責任を取りたくないのか?あいまいな言い方に終始してきた。1%のデフレターゲットを導入しているのでは?と思いたくなるほどだ。

また、デフレになれば為替も円高になる。今年の100万円がが来年には101万円の価値に自動的になるのであれば、円を持つのが得をする!アメリカもゼロ金利政策だが、かたやインフレ2%として、かたやデフレ1%なら、実質金利は-2%(アメリカ)と+1%で3%金利が日本の方が高くなる。やっぱり、ドルを売って円を買おう!となるのだ。

まだ、その実現性や政府がインフレ率などの目標を決めれるようにする日銀法の改正(今回たまたまインフレターゲット導入のようなことを日銀がやり始めたが、今まで全く動かなかった!今の日銀法では何を目標にするか!も日銀だけが決めれる。)などいろいろ問題はあるが、久々に悪くない経済関連の動きだ。しっかりしてくれ、日銀!

大阪維新の会W選勝利!大阪都構想、橋下徹 vs マック赤坂!?

| EDIT

維新の会W選勝利!大阪都構想如何に!?


どうなるのか?心配していたが、蓋をあけてみると橋本さん、松井さんとも圧勝であった。

日本全体に閉塞感が漂い始め、早20年。その間、何度目かの変化の兆しである。小泉さんの時、民主党政権ができた時、そして今回の維新の会の勝利である。ただ、どの時もそれ自体がゴールではなく、あくまでスタートであり、これからどういう結果が出てくるか?が大事である。民主党政権については、鳩山・管さんとまんまと裏切られたので、今回、大阪から日本が変わることに大いに期待している。

そんな大阪維新の会が今、中央政界からも熱い視線を送られている。みんなの党は以前からも地方分権や”増税の前にやることがあるだろ!”、発送電分離などと維新の会とも政策的に近いものがあったが、驚いたことに国民新党の亀井さんまで維新の会や減税日本と連携してと言い出した!郵政の再国有化などバリバリに既得権益を守る側にある国民新党とはさすがに維新の会も連携はしないだろう^^;

モテモテの橋本新市長だが、もともと2008年に自公の推薦で大阪府知事に当選。その後、2009年の衆院選挙の際には中田宏横浜市長らとの”首長連合”として、各党のマニュフェストを比較した結果、「民主党には(地方分権に必要な)政治的リーダーシップが発揮される政権運営の仕組みが盛り込まれている」と民主党を支持した。特定の政党に依存するのではなく、その都度、政策実現のために使える政党は利用するというスタンスだろう。

別にそのスタンス自体はよいと思うが、これから維新の会としては、年度末までに各政党に”大阪都”構想を支持するか?踏絵を行うだろう。早くも自民・民主の中では連携を探る動きも出ているようだが、TPPをめぐっても党内バラバラで各種支持団体、労働組合からの支援をもらっている両党が大阪都構想を積極的に進めることができるだろうか? 公明党は地方議会での力を背景に国政での議席回復を狙って乗ってくるかもしれない。政策的にはみんなの党が一番近いと思うが、国政で大阪都を進める議席数がまだ足らないか?次の選挙での躍進にこちらも期待。

最後に大阪人も引いてしまったマック赤坂氏だが、出馬した7名中、最下位ではあったがなんと大阪府民から21,479票ももらっている!投票率の0.59%獲得!前回の都知事選では0.1%の4,598票であったことから、引かれながらも大阪府民の心をグッと?掴んでいたようだ。とはいえ、先週、梅田で演説していた際、次回は来年新潟の県知事選?に出るとか言ってたので、完全に府知事になる気はなかったようだが^^しかし、毎回毎回、供託金300万円を没収されても出て続けているが、さすがは財団法人スマイルセラピー協会会長。社会心理学博士。医学博士。スマイル党総裁、政治活動家。宣伝効果は300万以上の価値あるよね!

  • «
  • »
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。