第46回衆議院選挙が終了しました!

| EDIT

P1020430.jpg

千葉1区の多くの方々からのご声援、多くのボランティアの方々、渡辺代表、江田幹事長、水野幹事長代理含め、多くのみんなの党関係者からのご支援に関わらず、結果は、残念ながら議席確保には程遠いものでした。

全て、私の実力不足によるものです。

もっと効率よく出来たんじゃないか? あの時にああしておけば良かった!という思いもありますが、27,089人もの”西野もとき”と書いて頂いた方々に感謝しております。みんなの党への、また西野もときへの期待に沿えなかったこと誠に申し訳ございませんが、これからも自己研鑚を続けて、いつの日か、ご期待に沿えるよう頑張ってまいります!

さよなら、ひとり総合商社?、次は千葉1区にて!?

| EDIT

さよなら、ひとり総合商社!?次は国政?


5月はとある事情で、本来時間はたっぷりあったはずなのですが、ブログを始めた一昨年10月からで最も投稿数が少ない、この記事入れて月3件になってしまいました><

なぜ、時間があったかと言いますと、実は一身上の都合にて、長らく15年間(前身の蝶理㈱マテリアル部時代含め)勤めてきましたアドバンストマテリアルジャパンを4月末で退社することになりました。

税金だからコスト度外視!? 海外視察、豪遊の旅?

| EDIT

コスト度外視? 議員先生の海外視察!


2,000,000,000 ÷ 480 = 4,166,666

何の数字だろう? 単位をつけていうと、20億円割る480人イコール一人当たり417万円。衆議院が来年度の議員の旅費として要求する予定額だ。

私が昨年使った出張旅費もこのくらいあるんじゃないかな? ただし、昨年の私の海外出張は14回、計107日であるが、仮に年間417万円使ったとすると一日当たり4万円弱だ。(もうちょっと使ってるかな?)航空券代も含めてなので、かなり抑えた額だと思う。当然、使うのは10時間越える旅でもエコノミーだ。

では、国会議員の先生が何日海外出張、視察?に行くか?というと平均したら10日も行ってないんじゃないかな?そうすると、一日当たり42万円! そりゃあ、飛行機は最低ビジネス、ちょっと偉くなるとファースト、泊まるホテルも5つ星以上。想像だけど、こんな感じだろう。出張報告なんて書かなくて良いんじゃない?

『メディアの大罪』 三橋貴明 PHP研究所

| EDIT

メディアの大罪
テレビ、新聞はなぜ「TPP戦争」を伝えないのか 
三橋貴明 PHP研究所



TPP反対論を唱える三橋貴明のメディアの大罪を読んでみた。

第1章:民主主義の破壊者
第2章:「平成の開国」のウソ
第3章:印象操作と世論誘導
第4章:増税と「ショック・ドクトリン」

Category: 書評

小沢無罪判決、国民不在党内ゴタゴタ、民主党やるべきことは?

| EDIT

小沢無罪判決 ~民主党がやることは?~


26日に小沢一郎民主党元代表に対する無罪判決が言い渡された。早速、民主党内にゴタゴタが起こっている。小沢グループからは、「天下取りが見えてきた!」とか「党員資格停止処分を決めた岡田副総理への責任問題!」など出ているが、どうしても我々国民の視点からは100万マイル(何キロだ?)ほど離れている気がしてならない。

これで野田総理が命をかける消費税増税法案の先行きも更に不透明になったが(この不景気時にやることではないので、それはそれで良いのだが)、間違いなく言えることは、万が一、野田総理が退陣し、いったん消費税増税法案が流れて、小沢総理あるいはその腹心が民主党4代目首相(オイオイ!)になった場合、手のひらを返して、増税に走ることは間違いない。彼らにとっては、「何をやるか?」より「誰がやるか!?」が100倍大事であり、それのためにこの2.5年間の混迷があるのであろう。

話変わって、今日、前原政務会長がロシアに飛び立った。北方領土問題含め、対中国を見据えロシアとの関係強化を模索するのは評価するが、今の民主党なら何かを決めても必ず、誰かが反対するはずであり、あまり何か進展は期待できない。

今、民主党がやるべきなのは、外遊や地元の選挙区回りではなく、全国会議員が一同に集まり、野田総理を支えるのか?あるいは倒そうとするのか?を徹底的に議論し、民主党としてまとまっていくのか?あるいは分党していくのか?を決めることだと思う。そうしないとせっかく我々の税金で高いビジネスクラス(えっ、ファースト?)でいく前原政務会長以下ご同行者(かなり引き連れていくので、1000万単位のお金使うんじゃない!?)のご苦労も無駄になってしまう。

ダメな会社って、役員はやることやらずに海外出張を満喫したりしていたが、残念ながら今の日本ってそんな感じがしてしまう・・・ 会社なら会社更生法、倒産、運が良ければ吸収合併とかあるけど、国の場合はどうなるの!? リストラだけの会社は先細り。リストラしつつ儲かる分野に特化しつつ、浮いた資金と人員を更なる成長分野へ投下。間違っても赤字垂れ流しの事業は継続しない。まさに今の日本と真逆! 民主も自民にも期待できないので、第三極と呼ばれるところに期待したい。


  • «
  • »
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。